2010年05月31日

党本部推薦に県連反発、自民が宮城で分裂選挙へ(読売新聞)

 自民党の大島幹事長は24日、東京・永田町の党本部で小野寺五典・宮城県連会長と会談し、夏の参院選宮城選挙区(改選数2)で現職の市川一朗氏(73)を推薦する方針を伝えた。

 25日にも党内手続きに入る。市川氏は近く無所属で立候補を表明するとみられる。

 同党県連は、党本部の方針に強く反発しており、24日の役員会で、公募で選んだ新人の熊谷大氏(35)に絞って支援する方針を決定。同党が分裂選挙になることは確定的となった。

 大島幹事長は24日、党本部に小野寺会長ら県連幹部を呼び、「県連の意向と違うかもしれないが、今回の参院選は党勢拡大のチャンス。(市川氏には)一定の支持者もいる」と推薦の理由を説明。小野寺会長は「見えないところで決める古い自民党の密室政治そのもの。そこから脱却するために公募を行ったのに、頭越しの推薦に憤りを感じる」と抗議したという。

 県連の須田善明幹事長によると、参院選の2人区は全国に12あるが、同党が2人目の擁立手続きに入るのは宮城のみ。須田幹事長は同日の記者会見で「党勢拡大というが、なぜ宮城だけなのか」と疑問を呈した。

 ただ、県内の一部支部では市川氏を支援する動きが出ており、ある支部幹部は「党本部のお墨付きで市川氏を応援しやすくなった。比例票の底上げにつなげる選挙にしたい」と語った。

 市川氏の事務所は「機関決定ではないので、何とも言えない」としている。

 一方、自民党の混乱ぶりに他党は冷ややかだ。

 民主党県連の郡和子幹事長は「自民票が割れれば戦いやすくなる」と語った。共産党県委員会の中島康博委員長も「古い自民の人が出るのは、自公政権の問題を大いに訴える機会」と言い、社民党県連の岸田清実幹事長は「自民党は若返りと言いながら、現職を無視できなかった」と切り捨てた。

新種の角竜類化石発見=欧州初、アジアから進出か(時事通信)
議長は自民、副議長に民主 大阪府議会・維新めぐって虚々実々(産経新聞)
普天間移設は「辺野古」周辺…日米共同文書発表(読売新聞)
普天間移設は「辺野古」周辺…日米共同文書発表(読売新聞)
レンタサイクルで自転車用ナビもお貸しします――オリックスレンタカー(Business Media 誠)
posted by カミオ コウジ at 15:39| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

「銀行は人が多いから、郵便局を…」強盗容疑の男を逮捕 警視庁(産経新聞)

 郵便局に押し入り、現金を奪ったとして警視庁捜査1課は15日、強盗などの疑いで東京都中野区野方の飲食店従業員、手島結之(ゆうの)容疑者(22)を逮捕した。同課によると、手島容疑者は「銀行は人が多くてあきらめ、人の少ない郵便局を狙った」などと容疑を認めている。

 逮捕容疑は3月26日午後5時ごろ、新宿区西落合の「新宿西落合郵便局」に侵入し、男性局員(31)に果物ナイフのようなものを突き付け、「200万円出せ。早くしろ」などと脅し、現金18万7千円を奪ったとしている。

 同課によると、現場から700メートル先の路上に手島容疑者の自転車が止められていたことなどから、逮捕された。

【関連記事】
“拳銃”強盗を傘で撃退 70代お手柄、愛知の郵便局
堀越高の球児ら“ファインプレー” 事後強盗未遂男を取り押さえ
郵便局から200万円強奪 警察署員が取り押さえ
郵便局強盗をスピード逮捕 女性局員ら機敏に対応 愛知
刃物突きつけ「200万円出せ」 郵便局強盗、18万円奪い逃走

信号無視バイク、追跡中転倒21歳逮捕 堺、酒気と無免許(産経新聞)
ダイヤ鑑定 元社員「一律に甘く」 多い日は100個以上(毎日新聞)
民主山岡氏が請求放棄=新潮社相手の名誉棄損訴訟−東京地裁(時事通信)
<蜃気楼>富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
大阪・マンション2人刺殺、容疑の44歳男逮捕(読売新聞)
posted by カミオ コウジ at 03:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」−米貨物機炎上・安全委(時事通信)

 成田空港で昨年3月、米フェデックスの貨物機(MD11型機)が着陸に失敗し炎上、乗員2人が死亡した事故で、着陸直前に機首を下げ、バウンド後に3基のエンジンのうち2基のみの出力を上げる操作がされていたことが16日、運輸安全委員会が公表した事故調査経過報告で分かった。安全委は「標準的な操縦からずれている」としており、さらに詳細な分析を進め、事故原因を解明する。
 事故当時、風向きや風速が急に変わる「ウインドシア」は、警報が出される強さのものは観測されなかったという。
 安全委によると、同機は滑走路で2回バウンドを繰り返した後、やや左に傾きながら前脚から接地。左主翼が折れ、燃料が流出して炎上し、滑走路左の草地に横転した。2回目のバウンドは約5秒間、高さは最高約4.9メートルだった。接地の衝撃で設計上の制限を超える荷重が加わったため、翼が折れた可能性が高い。 

【関連ニュース】
第1波で荷崩れ、2波で傾斜拡大か=三重県沖のフェリー座礁
安全委にエレベーター部会=来年にも法改正、遺族に報告
「安全管理体制立て直しを」=JR西に根本的対処求める
滑走中に操縦系統に異常か=NZ航空機の離陸中止
特急衝突、乗客ら41人けが=ダンプがスリップ、踏切に

堺の男児虐待死、母親の交際相手の男を傷害容疑で逮捕(産経新聞)
大島自民幹事長「首相の態度は語るに落ちる」(産経新聞)
ネット選挙「その方向でいい」=小沢氏(時事通信)
KDDI、「au one」トップページなどをリニューアル
「天使の輪」ひと目見たい! ダンゴウオ、ダイバーに人気(産経新聞)
posted by カミオ コウジ at 19:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。