2010年03月01日

警察犬「ポール」病死=出動590回、表彰も−警視庁(時事通信)

 警視庁は1日、鑑識課所属の警察犬「ポール号」が先月25日に病気で死んだと発表した。ポールは殺人や窃盗などの事件現場に約590回出動。2003年には窃盗事件の捜査で成果を上げ、表彰されるなど活躍した。
 同課によると、ポールは1999年8月生まれのシェパード。警察犬として01年3月に同庁へ入り、同年7月に東京都八王子市で起きた殺人事件の捜査で初出動した。 

【関連ニュース】
「宙の会」結成1周年=時効撤廃訴え記念集会
公判中の男2人に逮捕状=神戸の貴金属強盗
強盗殺人事件で男に無罪判決=「自白調書の信用性に疑問」
「死刑反対」で裁判長から質問も=裁判員選任手続きで-2人死亡強盗殺人・鳥取地裁
新田義貞の銅像盗まれる=高さ80センチ、挙兵の神社から

JFEホールディングスとJFEスチールの社長人事(レスポンス)
除雪機に巻き込まれ死亡=73歳男性、自宅で作業中−山形(時事通信)
【日本で働きたい インドネシア人看護師の挑戦】(下)意識のずれ越えて(産経新聞)
踏切内で運転手居眠り、貨物列車止まる(読売新聞)
60年大地震の20分の1か=エネルギー規模−気象庁課長(時事通信)
posted by カミオ コウジ at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1票格差2・30倍は平等に反する程度…東京高裁(読売新聞)

 議員1人当たりの有権者数の格差(1票の格差)が最大2・30倍に達した昨年8月の衆院選小選挙区について、議員数が人口に比例して配分されておらず、選挙権の平等を保障した憲法に反するとして、東京都と神奈川県の弁護士らが、東京、神奈川の選挙管理委員会に選挙無効(やり直し)を求めた訴訟の判決が24日、東京高裁であった。

 富越和厚裁判長は請求を棄却する一方、「格差は憲法の要求する選挙権の平等に反する程度に至っていたが、区割りを是正しなかったことが憲法に違反するとは断定できない」と述べた。

 昨年8月の衆院選を巡っては、昨年12月に大阪高裁、今年1月に広島高裁で違憲判決が出されており、司法判断が分かれる形となった。

公共施設の全面禁煙を要請=都道府県に通知−厚労省(時事通信)
イラン議長、原爆資料館を訪問=核は「全人類の脅威」−長崎(時事通信)
東大寺法華堂で天平仏群が“大移動”(産経新聞)
東大受験生を応援「合格したら1万円」 本郷商店会(産経新聞)
築地移転「時間多くない」 知事、新市場に改めて意欲 都議会開会(産経新聞)
posted by カミオ コウジ at 07:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。